人気ブログランキング |

サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

変わっていくもの、変わらないもの~メェプルカップを終えて~(中編)

(前編の続きとなります)
さて、3レースの特殊ハンデ戦(NORMAL)。
このコースは都市1600、2コーナーから向正面に
かけて行われるレース。外枠からでも先行力さえ
あれば内に潜り込める形でした。

その中で、私がチョイスしたのはこの2羽。
ナスノファブール
すせだぁきぼ カれかヂヴこ ヅかるエび ヅほグスまウ カはめにゆヅ ヅきけもヅ

ナスノエリーゼ
てせキヂアス オヅぃヂヂめ ヅきさるぶ ヅほガだぜぐ シはホにビヅ ヅきけこぃ

エリーゼは先程言ってる(先行力)のと逆行しているじゃないか! と思われるかもしれませんが、
そういう狙いが多いだろう、という思いから1Rのティソーナのような狙いをしていました。
しかし、結局はそうはならず。先行羽は150を超えるのが1羽(ランペッジャメント)のみ。
それも予選にて脱落し、さらに先行勢(ドドエス)が減り、先行平均がかなり下がってしまうという
かなりの誤算になってしまいました。ナスノファブールが逃げになる時点で目算を誤ってました。

レースそのものを言うと先頭に躍り出たエクレールが本命のトウスイを跳ね飛ばした為、そこの
間を突くエリーゼのファインプレー。ただし完璧、とまではいかず、タナボタオレンジの進路が
なくなって外に流されていたところをクールタチバナが急伸。抵抗出来ることなく突き放された
ものの、やや遅れ気味の仕掛けながら最後は2着争いを制し、この読み間違いでよく2着に
これたな…という思いでした。

1着の主催、春野さんのクールタチバナは抜け出し方が完璧で、早いスパートながら他もついて行けず最後は
リード差を維持し押し切っていきました。控えた予選・仕掛けた決勝共に勝利という完勝でした。
3着でこぼさんのフラガラッハは仕掛けが良ければ2着、さらには
勝ち負けも十分ありえただけに惜しい3着でした。とは言え、先頭が400m付近で仕掛けているのに、
2着のエリーゼとクチ差…1月なので寒適用で瞬191(エリーゼは156)を考えるとものすごい距離を
埋めてきたんだな…という思いでした。
予選で見た直線一閃の脚は、まさしくフラガラッハ=神話の剣の切れ味そのもの、というべきですね。

4レースから7レースは私が出ておりませんが、一応回顧させていただきます。
4レースは特殊ハンデ(HARD)で密林2400。出走羽は12羽でした。
ソートラルデが逃げを取ることは確実視されてた(先自や枠順の関係で)為、
どのような羽が仕掛けるか、によって変わるとは思ったんですが…
残り800弱でヨルムンガンドが暴走の仕掛け。暴走ボーナスがかかったこの羽の
脚を交わすのは、ほぼこの形では難しく、逃げたソードラルデが5羽身差に縮める
のが手一杯でした。まさに完勝、というべきでしょう。

1着のヨルムンガンドはこれだけの瞬発があるとは言え、ハンデももらいましたし
なかなか勝ち負けは…と思いましたが、想定を超える走り方でしたね。
ただ、先瞬型やバランス型が多かったことを含めると、たぶんそれに対抗できるのは
でこぼさんのハルペーぐらいでしたが大外に回されてしまいさすがに厳しい展開。
2着のソートラルデはやるべきことはやった、とは思いますが思った以上に勝ち羽の
スパートがきつかったことで最後は一杯になってしまいましたが、3着以下を
振り切って2着を確保することとなりました。

3着は若葉マークさんのフレンチトースト。仕掛けた勝ち羽の外にいましたが、
先行勢が内にいた展開でやや凹み気味の形になり、そこから内からロスなくた戦えた事で
グラビデを含め100%の力を出せた、とは思います。まだまだこれから上を目指して
頑張ってほしい、と思います。

ここまで4Rが終了し、ポイント上位は
1位 サンシャイン 20P(出走6羽)
2位 でこぼさん  13P(出走4羽)
3位 ぴくたさん  12P(出走5羽)

まずは作戦通り、とは思いましたが、さすがにでこぼさんの出走羽が4羽なのはタイトル
争い的に厳しいな…とは思いました。前半戦で大きくリードを奪うことはできたのですが…。

5Rは野生羽戦。出すことも検討したものの、野生羽EX王者のナンガパルバット
壱村さんのエイフィッドに勝てそうな羽がおらずに回避を決定。
羽数は10羽とやや寂しい形となりましたが、熱戦が繰り広げられることとなりました。
先行争いはフリューゲルとベルガノンとの戦いとなりましたが、1000mはコーナーまで
200mほどしかないため、内にいたフリューゲルが先頭を奪取。
最後の仕掛けはナンガパルバットが早く、それに呼応するように他の有力羽か追走。
しかし、それを淡々と待ったのが大本命のすくえにくすさんのレギオニックウェイブ
先行と瞬発が100近い究極に近い野生羽が前を行く各羽を一気に抜き野生の新たな
スターチョコボの誕生となりました。
勝ったレギオニックウェイブについては先程言った通り、これだけの羽はお目にかかる
のは難しいでしょう。すくえにくすさんが粘り強く探した結果、とも言えるでしょう。
2着の鳳龍さんのナンガパルバットや3着の壱村さんのエイフィッドは以前の第2回野生羽EX
にて好成績を収めた両羽が貫録の2.3着。世代交代をそう簡単にさせないぞ、という
意地を見せた感じがします。ただ、先行力では勝ち羽をはじめ、ベルガノン、グリーンピース
フリューゲルといった羽が上回る形を見せており、新たな時代もすぐそばまで来てるのかな?
という思いがあります。いずれにしても、面白い戦いでしたね。
(後編に続く)

by sato1989smtv | 2018-12-24 15:22 | 役員室

変わっていくもの、変わらないもの ~メェプルカップを終えて~ 出走(前編)

こちらではお久しぶりです。サンシャインです。

メェプルカップが終わって書かないわけにはいかないだろうと思い記事を書きます。
結果はチーム準優勝非常に光栄でありがたい成績を収めさせて頂きました。
まずは改めて春野さん投稿お疲れ様でした。



(サイトはこちらから、ぜひご閲覧してください)

まず基本的に言うと、今回の参加においては締め切り直前の23時53分ぐらいに
登録するほど悩みました。なぜなら、今回の戦いにおいては「3着以上を取る
というのと「内枠から瞬発力低い順」という部分がありました。

今回の距離・コースは比較的コーナーすぐの部分も多く、ポイントを取るのには
いくつかの方法があると思いました。1つは
「外枠でもねじ伏せれる圧倒的な瞬発力・加速力」
(言ってしまえば、ティソーナハイグリーンフォートなど)
しかしながら、私は生産体制に出来る形ではなかったのでこの面での参戦は
ほぼ不可能に近かった(ただしナスノエリーゼのみ除く)
そこで私は1レースごとに出れなくなるものの「チーム力」で勝負することに
しました。特に最初の2レースの「基本ハンデ戦」については。

まずは1レースから。
出走羽はこちら、パスものせておきます。(能力はレース動画の通り)
ナスノダイナモ
をせバづぬに ッヅキヂビこ ヅかりドぜ ヅほギやドな スはハにソヅ ヅきこデぃ

ナスノサマンサ
コせイしアが さヅさヂブぢ のかるみぶ ツほゴしビぬ ワははにソす ヅきしダヅ

瞬発がダイナモ138に対しサマンサは139です。しかしながら先行力はダイナモ111に対しサマンサは145。
つまり「サマンサに前に行かせる。ただしダイナモは内の恩恵を受けさせる」というチームオーダーでした。
結果的には瞬発平均ラインの読み違いで(もっと瞬発が高いと思っていた)
真ん中の5.6番の羽番となりダイナモは生かせませんでしたが、
サマンサは無事に先行争いに生き残り、直線で前の逃げ羽を抜かし、最後は粘り切り2着となりました。
ダイナモはもっと内に入れれば…と思いました。最後は脚がなくなり無念の10着。

勝ったでこぼさんのティソーナについてはああいう抜け方されてしまうとどうにもならない相手ではあったので
それよりも後ろの主催・春野さんのクールチョコミントに抜かされなかったのが大きかったと思いましたね。

次は2レースのEXPERT戦。ここでもチームオーダーでした。
ナスノファーレンス
バせぐぁなス やがオヂぜれ ヅかユエね せズエろきづ ノはムにヌヅ ヅきこウぃ

ナスノトモダチ
サせきなぅづ しヅウヂタヤ ヅかオやな ヅほゴつそぢ こはムにがヅ ヅきこらヅ

こちらはトモダチ瞬156で対するファーレンスは157。しかしながら問題があり、
ファーレンス・トモダチ共に基本の自在が100を超えない形で、昨今の高自在時代では
いかに先行が高くても外に出されて厳しくなる可能性がありました。
(もちろん内に入れればワンツーも、とは考えてましたけど)そして予想通り、
決勝で立ちふさがったのはウチの2羽の内側に居たぴくたさんの基本先行150基本自在150という羽。

そこで2羽はプランB。2羽の内、1羽を生き残らせてポイントを取りに行く作戦へ。
トモダチは自らのスペースにファーレンスを譲りながら内へ。
そしてトモダチが外に流されている間に生き残ったファーレンスが絶好のスペースを取得。
(逆にファーレンスが潰されていたらトモダチがおそらくそのスペースに居たでしょう)
ぴくたさんの羽はグラビデ+得意回り+祭り 込みで瞬が161、加が176相当。
対してファーレンスは瞬が162、加が173相当。最後は本当に互角。どちらが勝っても
おかしくなかったし、トモダチなら瞬167、加174でしたからそっちの方が勝算があったのかもしれません。
しかし、それをしなかったのはトモダチが「俺は1着を予選でもぎ取った。お前は決勝で1着を取れ」
という思いだったから…かもしれません。私的には10着に散ったトモダチも影の功労者です。

2着に入ったぴくたさんのエレメンタルショットはほぼ文句なしで素晴らしい羽です。完璧な走りだったし、
あれで負けたら仕方ない…という感じだったんでしょうけど、たぶん違う世界線だったら…と思う感じでした。
3着のでこぼさんのシルフィホルンは瞬補正155、加補正175。加速互角でしたが最高速が2着の方が上で
最後は息切れ。ただ、自在が驚愕の171! 内を外枠発走の羽に譲ることなく戦えたため、やはり全力を賭して
エレメンタルショットと真っ向勝負した姿はまさに至高のレースとも言えたでしょう。
互いが互いの力を出し切った3羽。この3人がまさか最後は優勝争いにまで持ち込まれる形となるとは、
その時の私でも想像しておりませんでした。

こうして2レースで4羽合計14Pという予想以上の成績をもって、後半2レースに挑むのでした…。
中編では、特殊ハンデ~金羽戦までのレース印象を書きたいと思っております。
(続く)

by sato1989smtv | 2018-12-17 23:23 | 役員室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31