サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

青い鳥杯1R回顧「チョコスタの歴史に、また1ページ」

※記事には主観が多数入っております。その点ご了承ください。

もう大会そのものが終盤戦に突入していますが、1Rからしっかり
回顧していきたいと思います。その前に、私の1R予想を。

予想
ヴァニッシュフロウ
アビスフィアー
▲ドレイングレイス

展開予想
ドレイングレイスとアビスフィアー、ヴァニッシュフロウが先行争いすると予想。アビスフィアーが先行有利も前に
出て行けるかどうか。後方勢は少なくともコーナーあたりで集団にどれだけ追いつくかが上位進出のカギ。
上位陣先行勢固めもありそうだが…。

回顧
まず、こちらの2枚をご覧ください。
f0264772_10314983.png
f0264772_10364462.png
大体経験ある方なら分かるかもしれませんが、どんなに先行力ある羽も自在性によって外に行ってしまう現象
があります。これはスタート時に大きく前に出られると起きる現象で、グラビデ加味のみですが、
ドレイングレイスが自在113
ミュルグレスが自在140
という差によって、生まれた現象です。これによって内が大きく空いたヴァニッシュフロウが
すんなり前に出ることができたわけです。アビスフィアーも詰めましたが、届かず。

f0264772_11012507.png
私として言うなら、この仕掛け時に印の隙間に入りたかったですね。あれが上手くいってたら…という部分が
ありましたが、最内枠でインコースとれてない時点で仕方ない話なのかもしれませんが、ちょっと残念でしたね。

結構早い仕掛けの羽が多かったせいか、仕掛けを遅らせた羽が上位独占となりました。
f0264772_11083023.png
結局先ほどの隙間を上手く使えたのが2着に入ったパープラウド、一時は抜け出したか?
に見えたんですが、最後は勝ち羽の直線一気に屈した形となりました。

勝ったアシェディスは直線こそ先行して抜け出した羽達に進路をなくされながらも、
冷静に抜いていき、勝ちをもぎとりました。遅い仕掛けだったのでコーナーでそれほど
ロスしなかったのも大きかったかと思います。ちょっとこういう形は予想してなかったですね…。

3着のヴァニッシュフロウは展開がよかったとは言え、さすがタイトルホルダー的な
走りをみせてくれました。自らの役割をきっちりとこなした結果とも考えます。

残念だったのが11着となってしまったコウリュウでしたね…。エリーゼ同様、
上手く内にもぐりこめたら上位争いまで…と思ったんですが、大きく外へ…
残り200で脚が一杯になり、最終的に後方の羽に抜かれてしまいました。
なかなかコーナー2つだと距離的にも詰めきれないから難しいですね…

1R 王宮ラウンド 結果
1着-アシェディス
2着-パープラウド
3着◎ヴァニッシュフロウ

2Rは遺跡ラウンドです。ここも直線が長い分どうか、次回に続きます。

[PR]
by sato1989smtv | 2018-01-25 11:28 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30