サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

青い鳥杯出場についてのお知らせ

f0264772_15201858.png
最後にこの羽が発表された時、「なぜここにいるのか?」
結構の人がそう感じたかもしれません。
去る2017年の春、私は言いました。「引退する」と。
周りにもそう言ってきましたし、確実に履行する為にやってきた…つもりでした。
ですので、前に同じ主催者の方が行ったCHOCOBO VOLTEXにも参戦しませんでしたし、
チョコスタの関係もPOGが大勢を占める形となりました。全ては区切りをつける為。

でもCHOCOBO VOLTEXの出走羽紹介を見ていた時、感じた事がありました。
それはEXPERTクラスのスターさんの羽「マツリスキサンダー」のオーナーコメント。
f0264772_16101198.png
「せっかくの気持ち、無駄にしたくはありません。」
この部分がかなり私の心をさらに動かしたような気がします。
否定的な意見を述べる方もいると思います。でも、それを覚悟の上での出走決定です。
もちろん厳しいメンツが揃いましたが、よろしくお願いいたします。
まあ、上記画像にも出てますが、とりあえず我が出走羽をご紹介いたします。
ナスノエリーゼ
てせキヂアス オヅぃヂヂめ ヅきさるぶ ヅほガだぜぐ シはホにビヅ ヅきけこぃ
先:89 長:77 瞬:152 持:81 底:68 自:153 加:140 HP:144 A3:127 周:なし 温:なし 祭:15
…まあこのような羽です。ベストトゥベストならもしや…という部分があるなら上位進出ありえるかな、と。

相手となる陣営の各羽もご紹介しておきたいと思います。
まずパープラウド
f0264772_22154920.png
紫羽なので-2で合計-3という形となりました。瞬がやや強めにかかる羽で、スターさんのデータから見るに
瞬159+6(グラビデ分)+5(得意回り)=170~175(寒差分)と加131+6+5+10(祭分)=152~157
という形となります。この分について問題ないと思いますが、難しいのが先行が全体平均に近い事。
12羽平均の先行力が104.58…なので、これがどうでるか。なかなか展開に左右されやすい羽になりそうですね…。

続いてドレイングレイス
f0264772_22374737.png
こちらも灰色での羽出走の為、合計-2となります。
固有能力が先144と瞬150の先瞬型で、瞬が150+4+5=159となります。
加速も祭補正で125ですが、同じ型がいるのがどうでしょうかね…。
それと比較するなら自在がないのが気がかりでしょうか。

続きましてミュルグレス
f0264772_23114488.png
でこぼさんが送り込んだ2羽の1羽目、どちらかというとウチとタイプが似ているんですよね。
先行88(エリーゼ89)瞬169(152)加141(140)とA3は瞬を除くとほぼ似ている羽です。
瞬がエリーゼより高い分対等勝負に持ち込まれると有利な面があります。
ただ自在はエリーゼの方が高い分前に行く事が厳しい面があります。
枠の内外によってこの羽とたびたび激突する可能性もありそうです。

続きまして、ディオーネ
f0264772_11305427.png
+8の為能力から16引かれるとしても、瞬153、加159という形で良い脚を使える羽ですね。
ミュルグレスと違い加が瞬より高い分よりスパートがより良い形になるなら怖い羽だと思います。
同じ型がミュルグレスを含め思った以上に多いので、その位置取りによって変わってくるかな、と。
最初の外枠(おそらく11番からですが)がどうでるのか。なるべくロスなく仕掛けたいところです。

続いて、コウリュウ
f0264772_14021602.png
いやあ…すごい羽ですねぇ…w もしかしたらこういった羽いるんじゃないかと思いましたが、
これだけの羽を見るとなかなか面白いメンツが揃ったな…と思います。
瞬がグラビデ加味で178、加速も177なので、グラビデ加味すると両方とも全羽中1位(瞬は1位タイ)となります。
いかんせん先行が43というのが圧倒的に低い形なので、良い位置取りとなりにくいかもしれませんが、
集団から1つ後ろの形で見れたら圧倒的なスピードで他羽を交わす能力をもつでしょう。

続いてアシェディス
f0264772_14410620.png
アシェディスっていう羽名を聞いたときに2013年のフレッシュオールスターGP3のアシェヴァスという
羽がいたことを思い出しました。あれからも5年近くも経つんですねぇ…。
コウリュウほどの形でないものの、生粋の追い込み羽で瞬の1位タイのもう1羽です。
加速がグラビデ加味で159なので、全体の3位ですので、良い脚を使えそうです。

続いて、ヴァニッシュフロウ
f0264772_15104720.png
この主催者の前大会「CHOCOVOLTEX」のNORMALクラス優勝羽。
先自の高さで安定感を引き出しましたが、今回Gが+2加算というのもあり、少し減らす形です。
それを加味しても自在148(左右つきらしいので153ですが)は上位クラスです。
2冠を達成してもおかしくない羽だと思いますが、先自底全てが活かせるなら、という感じでしょうか。

続いて、アイゼンシュトラーセ
f0264772_15255393.png
先に挙げたミュルグレスがナスノエリーゼに似ている、と言いましたが、それにさらに近いのがこの羽。
先が87(ミュルグレス88)、瞬がグラビデ加味で172(173)、加が141(145)とほぼ似ています。
思った以上に追い込み羽が多いのが気がかりなものの、この脚があるなら一気に突き抜けても
おかしくないですね。決して侮れない1羽だと思います。

残りの紹介羽もあと3羽となりました。
では、オルクレアティフの紹介です。
f0264772_16021743.png
2013年に行われましたフレッシュオールスターGP3に出場した4歳ながらベテラン風の感じすらある羽です。
全ての中で最も高いA3で基本G+11がありますが、金羽で-4軽量なので+7となっての出走です。
先以外に-14の能力押し下げがかかってしまいますが、先行122なら逃げ羽となれる形ですので、前目から
そのスピードを活かしたいところです。自在が100台後半にまで落ちてしまうのがネックですが…。

続いてシャイニィローグ
f0264772_16381860.png
シャイニィ…と見て思い出したのEXが「Chocobo Combat S」当時珍しいタッグ戦でした。
あの時の出走羽シャイニィサーティも金羽だったなぁ…。
基本+4ですが、持底の高さと金軽減を最大限に活かし-4という出走となりました。
加速が基本157なので165となり、コウリュウに続く加速2位です。
先行力順位が5位なので、良い位置につけながら一気に先行抜出を図りたいところですね。

最後にアビスフィアー
f0264772_21251649.png
ともかく特筆すべき先行力が持ち味。このメンツでこの羽ならどこでも先行できる能力をもっているでしょうね。
その分瞬加を抑えている為、先行して最後の最後まで脚を溜めて直線に再び再浮上、という方が底力をプラス
できるので、悪くないと思います。安定して点数がとれるでしょうし、同タイプがそれほどいなかったのも
味方につけれると思います。侮れない1羽ですね。

そこで、私の大会開催前の優勝予想ですが…。

アシェディス
コウリュウと悩みましたが、メンバーが思ったより平均先行力が低かったのでこちらを本命にしました
アビスフィアー
争える先行勢がいない分、安定感が良く出ると思います。今回の大会条件に最も合う羽とも考えてます。
ヴァニッシュフロウ
同じく安定感で決して無視できない存在だと思います。前大会より少し負担増えた分少し印を下げて。
コウリュウ
スピード感があるのですが、コーナー2つがあるレースが2レースあり、そこでの着順がカギ。
シャイニィローグ
負担軽減を存分に活かしてる羽。加速で大外回らなかったら勝算充分。

…とまあ、これだけ長く書いている間に2レースもあがってる状況です。
どんどん回顧を書かないと追いつかないかもしれませんね。
皆様、よろしくお願いいたします。

[PR]
by sato1989smtv | 2018-01-20 18:45

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30