サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

雪解けた氷河杯(前半) 1レース回顧

雪解けた氷河杯の前半戦が開幕しました。
そこで、今回も回顧を出していきますが、私の出走羽ナスノカッターを中心とした記事になりますが、
出場羽紹介を各羽行ったので、予選共に記事にしていきます。
まずは1R予選から。
f0264772_16481341.png

私が出走しているナスノカッター的には短距離は好きな方なので、開幕戦としては良いかな~と思いました。
スタート直後に考えていた事が起こりましたね。
f0264772_16533813.png

ゼラチナスマター・クロムハートの先行勢2羽は、自在が低かった為、スタート直後で凹み、外に出されてしまいました。(クロムハートは元々はそんなに低くはないが、グラビデが+9あり、自在が下がった。)
f0264772_1712082.png

これによって、キンセイがトップでコーナーを回り、ナスノカッターは内に潜り込む事に成功。これはいけるか……と思ったんですが……。
f0264772_1733997.png

肝心のスパートが失敗、一番スパートが遅かった。その間に瞬が強いホーリックスなどに抜かされて巻き返す事が出来ず。結果は4着。あのスパートからその着順というのは位置取りに恵まれたから、と言うしかないでしょうね。下手すればもっと悪い結果になりかねなかったので、それだけが救いでした。
f0264772_1784468.png

結果は逃げ粘るキンセイ、じわじわ追いあげるホーリックスを、外から来たシュベーフェルが差しきり勝利。
一方、インからの逃げを狙ったゼラチナスマターが逃げを取れない誤算で7着。はたして後々にどう影響するのか、注目ですね。
一方の予選
f0264772_17175288.png

こちらも秘境遺跡からのスタート。しかし、長距離となりました。
f0264772_17202950.png

ここはコーナーがすぐ近くにあった為、ナイトレーベンが先行を取れず、シェルキューコーが逃げとなりましたね。ナイトレーベンが大きくコーナーせざるを得なかった時、間に入ったのがハヴォックゲイル、そしてアダシノ
さらにアダシノはかかり気味に外に回り、ハヴォックゲイルが先頭の後ろへ。これって、状況は違えどナスノカッターと同じ位置取りでしたね。そして、仕掛けどころの4コーナー。
f0264772_17281432.png

実にハヴォックゲイルナスノカッターにお手本を見せつけた感じですね。こうなると、外にいる他の羽は抵抗するのが難しいですね。間違いなく勝利パターンです。結果を言うと、ハヴォックゲイルの圧勝。
f0264772_17322868.png

2着に1秒差以上つけるまさに独壇場でした。このレースでちょっと不運だったのがメフィストフェレスでした。あまりにもスパートが速すぎて、壁があり、抜け出せませんでしたね。あれがなければ充分3着内には入れてた……と感じましたね。以上、1レースの回顧でした。
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-30 17:38 | 研究室

800訪問達成

f0264772_23253332.png

800訪問を達成しました。
日々、色んな事があります。良い事もあり、悪い事もある。
1日1日のこういった色んな事の積み重ねが今回の800訪問を達成したのだと思います。
いつも申し上げていますが、これからもチョコスタを愛する全てのブリーダーと共に頑張っていきます。
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-28 23:55 | 役員室

第1回雪解けた氷河杯 予選B

昨日の投稿で予選の7羽を紹介させていただきました。
今日は決勝にナスノカッターが上がった場合の相手となる、予選の7羽を紹介します。

まずは、予選第1レースで最内枠となるハヴォックゲイル
f0264772_20452495.png

瞬発が146とグループ最高の羽。先行・加速共に100近辺と前にも後ろにも行けるんですが、ぴくたさん本人も言ってるように自在性は69とやや低め。これがどうでるか。展開で順位が大きく左右される可能性がありますね。

続いてアダシノ
f0264772_20482463.png

先行力は130でやや高め。前につけれればいい感じに流れるかな……? とは思います。第1レースでは外にいるシェルキューコーナイトレーベンとの競り合いになりそうですが、先行争いはどうなるか、注目したいです。

先ほどの先行争いに絡むと言った内の1羽、シェルキューコー
f0264772_20562568.png

先ほどいったアダシノと比べると先・瞬・加は+3+2-9とちょっと違いますが同じ先瞬型。こちらは長距離が108あるため、距離によって順位が変動する可能性大です。

続いて、第1レースで有力先行羽筆頭格なのがナイトレーベン
f0264772_2173799.png

先行152は予選でトップ。しかも底力も122とかなり高く、「先行して後続に一旦抜いてもらって底力を引き出す」という壱村さんの戦略。それが功を奏すのか、期待の1羽です。

続いてメフィストフェレス
f0264772_21164150.png

加速が146とグループ・全体でも1位。かなりの早いスパートが期待できます。7羽の時は少数で外に大きく回される事が少なくなるため、良い結果を残す可能性は十分にありますね。

外側6番に入ったのはデザートサパーウ
f0264772_21261371.png

長距離は124と文句なし。さらには自在も112は全体でも高めで、良い位置取りにつければ快走を見せそうな羽。加速88というのがどう出るかで、勝負のポイントとなりそうですね。

最後に外枠7番がホクトヒャクレツケン
f0264772_21384668.png

瞬発は内にいるデザートサパーウと同じ134ですが、こちらは逆に先行が84。加速で勝負するタイプですね。自在が126なのは難しいところですね。良いスタートダッシュからの良い位置取りになるか、前に突っ込んでしまい外に流れるか、微妙なところですね。予選は少数ですから前者の期待値の方が大きいですけど……。

以上、予選の出走羽7羽の紹介を終えました。
ここは良くも悪くもA3の各能力値差が予選接近してるので、展開が読みにくいですね。先行力ならナイトレーベンですが、内にいるシェルキューコーアダシノも逆転候補で、非常に難しいです。

はたしてどの羽が上がってくるのか、予選は予定通りにいけば6月5日前後の配信となりますね。そこにも注目していきましょう。
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-28 22:00 | 役員室

野生羽EX 本戦

f0264772_2253195.png

前に野生羽EXを取り上げた記事がありました。詳しくはこちら→
その時に、もし本戦がアップされたらそれも記事にする、ということを書いたんですが、
アップされたようなので短く記事にしますね。

野生羽EX本戦はこちら→

是非、見ていただければ……と思います。
(ちなみに、上の画像は野生羽EX出場羽紹介時の画像です)
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-28 21:55 | 役員室

第1回・雪解けた氷河杯開幕!

f0264772_1659649.png

いよいよ第1回・雪解けた氷河杯が開幕しました。出走羽は14羽でした。

全羽出走羽紹介のアップがされたので、私のナスノカッターのパスを公開いたします。
キせるきぬち げヅせヂタシ ヅヂモケぞ ヅみガスゼる ではヌにウヅ ヅきくナヅ
先:86 長:63 瞬:148 持:59 底:90 自:81 加:114 HP:101 A3:116 周:右左 温:暑 祭:14

コメントに書いてある通り、A3・115以内に収められませんでした。それも小数点を入れてもA3・116ちょうどで。
その為グラビデ+1を負担しますが、長距離以外には不安もありません。堂々と強豪に立ち向かうつもりです。
予選は7羽での勝負。最低でもグループ5位以上を確保し決勝へ駒を進めていきたいですが、相手を知らずには戦いは進められない……という事で予選Aの各羽を見てみましょう。
まずは、ゼラチナスマターから。
f0264772_17211297.png

先行171という脅威の逃げ足を持ち、自在が42と低い為1番枠も確保。第1レースでは間違いなく逃げを打つ羽になるでしょう。瞬発と加速は7羽の中で最下位ながら、内からスパートしやすい、というのはあおのこのこさんの思惑だと思いますね。非常に怖い羽になりそうです。

続いて、シュベーフェル
f0264772_1728453.png

hakenさんが「この1羽だけ」と言いながら、バランス配分はまさに私の理想に近いですね。
長距離もグループ1位(全体3位)で問題なし。予選では少数なので、走るのではないか……と思ってます。

次はナスノカッターですが、
f0264772_17363287.png

これは述べた通りです。長距離以外は問題なく走ります。あとは……運だけですねw

真ん中の4番に入ったのはキンセイ
f0264772_17412840.png

能力はA3対象能力全て3ケタ。これは7羽中2羽の内の1羽です。先行は3番目に良く、良い位置取りからのスパートも可能です。長距離50というのが少し、というかかなり気がかりではありますが……。

続いては私が一番注目しているホーリックスです。
f0264772_1748440.png

瞬発172というかなりの豪脚の持ち主。その分先行・加速は共に5番目ながら前を射程圏に入れた時の脚はまさにすさまじいものになるでしょう。展開がはまれば、爆走の可能性大です。

続いてクロムハート
f0264772_17584510.png

能力はA3対象能力全て3ケタ。です。先行力も140とゼラチナスマターからそんなに劣らない形にはなってます。問題はG+9ですね。これがどう響くか……だと思います。

最後に1レースの大外7番に入ったマインスリーパー
f0264772_1845843.png

先行は7羽中最低(全羽でも最下位)、さらに+3ながら、その分の瞬発・加速はいずれもグループ2位と高水準。祭り好きというフラグも立ててることから、sleeperさんの期待の高さがうかがえます。

以上、7羽が5月31日前後に予定されております予選Aの出走羽となります。多彩の個性の出ているこのレースで、どんな結果が待っているのか、注目してみていきましょう。
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-27 22:00 | 役員室

第1回スターC出場決定、そして、その理由……

f0264772_19263771.png

タイトル通りです。スターCに出場することを決定しました。
当然ながら、ノーハンデ決戦となるため、生半可なチョコボでは厳しいでしょう。
それを埋める為には……産み分けして少しでも良いチョコボを、とするしかないでしょうね。
スターC右周りの祭典としてスターさんが計画した大会です。
詳しくはこちら→

右回りといえば、は密林、ダートでは都市と山岳の計3つの競羽場です。この大会では左回りの神殿も1レース予選として入りますが、やはり右回り特性は必須でしょう。ノーハンデということもあり、できる限りの能力を伸ばしていった方が良いのももちろんのこと、温度もできる限り欲しいところですね。密林が暑い、山岳が寒い、が結構出やすいので、そんなところでも案外差がついたりするものです。出来れば左得意も欲しいですがね。

ここでの目的は当然、ノーハンデで高能力のチョコボが出る以上、なんさんが1年に3回行っている最強羽決定戦クラスのチョコボが当然出場するわけです。そういったチョコボとガチンコで勝負してみて、果たしてどこまで対応できるのか……? というのが一番ですね。これは、私が今年産み分け等をやってきた中で半年間の通知簿なわけです。対応できればそのままさらに上を目指せばいいですし、対応できなければ何がいけなかったのかを研究し、また半年間研究しなければなりません。

将来的な話になりますが、もし、最強羽決定戦12月期が開かれた場合、私は 参戦 しようかと考えてます。
厳しいのは百も承知で、同じ最強羽決定戦4月期でとんぼさんが有終の美としてスカイ勢2羽が激走を見せた時、あれは超えられる存在なのだろうか……と私は思いました。
しかし、何事も挑戦しなくてダメだ、と言うのはできる限り避けたい、と考えました。
その為の第一歩として、まずは開催される雪解けた氷河杯で上位と拮抗したレースを続けられる事。そして、スターCで己が実力を痛感する事、この2つが「向上心」として必要だと感じました。

最強への挑戦、というのを掲げて、スターCにチャレンジします。成長への一歩を踏み出すために……。
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-27 22:00 | 役員室

第1回ステラヴァーズ・パス公開

第1回のステラヴァーズのレース回顧が終了しましたが、この記事では全出場羽10羽のパスを公開したいと思います。私のナスノカイチューとスターさんの2羽はスターさんのサイトで公開されておりますが、ここでもご紹介したいと思います。能力値については、解析で見ていただければ……と思います。解析したい方はこちら→
f0264772_20154867.png

cubeさん
ステラフェザー 
がとじぁてず ユヅクヂツデ ゆかオキば ヅヂけスムす ボりめせぃて ヅきくッヅ
チョコルティア 
リシづれつオ ホヅエヂには ゆかオとぜ ヅぅけデひぁ ぼさやつぁて ヅきこけヅ

スターさん
フケイ
ぎこじヅチヅ なヅたヂイげ むかオヅば ヅばこヅギぬ ロドぁぁぐち ヅきくざヅ
スンゴイチョコボ
ぐがバドぬシ ぅブキヂるぢ ヅかカつぜ ヅばくさビや ダじむせぬヅ ヅきこセぃ

麿さん
ブッコウジ
たケばダにヅ ゴヅビヂホト ヅヂウぜば ヅほボヅスて ぼさヒぼヒヅ ヅききワヅ
フシミイナリタイシャ
ルすどドサる オドきヂやト ヅヂラにざ すぁイちはヴ キむぇぁなヅ コきくでぃ

ぽっぽさん
ブランカピーク
キりぶききス ざヅエヂかこ ヅかウボざ ヅほひけルど ミがまぼどヅ ヅきこロヅ
レッドルージュ
ちケぎれヅぜ つヅすヂゴデ ヅヂモスぎ ヅネアサヲウ ニびフろぃヅ ヅきけびぃ

サンシャイン
ナスノカイチュー
オせざきにつ ザスウヂけは ヅヂモドぜ ヅみくサづほ ドはみにテヅ ヅきけギぃ
ナスノマイスター
コせぎみぬせ オスぼヂブシ ヅかるドざ ヅほきちノら ヲはヒにろヅ ヅきけぼぃ

以上、10羽でした。改めて御礼申し上げます!
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-26 20:16 | 研究室

ステラヴァーズ 最終レース回顧

ステラヴァーズのレース回顧もこれが最終回となりました。

現時点(第5レース)でのポイント状況はこちらになります。
f0264772_2117059.png

現時点で優勝可能なチョコボは3位タイグループまでの計4羽でしたが、
スンゴイチョコボナスノカイチューは2位以上が共に8着以下だった上で自らが大量点が必要というかなり厳しい条件な為、優勝争いは事実上2羽に絞り込まれました。
まず、1位のステラフェザーは、フケイに先着することが出来れば、優勝が決定します。

対して、2位のフケイは、
ステラフェザーよりも、2つ先着すること。
……というのが優勝条件です。

もし、フケイステラフェザー1つだけ先着なら、プレーオフという形になります。
それでは、レースを紹介してまいります。
f0264772_21372258.png

レース展開ですが、ブランカピークは先行力高いですがグラビデ的に先手取れるか? という心配はしてましたが、そんな心配をものともせず逃げを取りましたね。
f0264772_21452945.png

f0264772_21461371.png

もう1枚、天空神殿をバックにした画像ですね。やはり背景が綺麗ですよね。
展開ですが、ブランカピークを先頭にチョコルティアが2番手。それ以下は横に一直線で並んでいる状態で
最終コーナーからいよいよ仕掛けどころ。
f0264772_21524538.png

映像は残り400mシーンですね。チョコルティアが先頭で直線に入りました。
f0264772_21563982.png

後方から一気に黄色の2羽が。どれが勝つのか、ここを見た時点でもわかりませんでしたね。
f0264772_21582664.png

ゴールシーンのリプレイですが、わずかに内の羽が有利かと思いましたが、意外とリプレイのみではわからないので、着順が出るまではっきりとはしませんでしたね。

結局、最初にゴールしたのはブランカピーク。最後にクチバシをのばしたのが効果的でしたね。グラビデが重いながらも、最後レースを制したのは、力のある証拠だと思います。2着はスンゴイチョコボが脅威の追い込みから入り、同じ3位タイだったナスノカイチューを下し、そして1着に入ったブランカピークを振り切り3位となりました。

そして、優勝争いですが、フケイは追い込んできましたが、届きませんでしたね。
優勝はこのレース4着になったステラフェザーとなりました。
f0264772_2213481.png

しかし、先ほどの画像で比べて見ると、2羽身差ぐらいしかなかった事を考えると、あとわずかなところで、という形でゴールだったということですね。各羽の健闘がこの最終レースを面白くした、というのは言うまでもありません。

先ほど申し上げました通り、全レースの結果は
優勝
ステラフェザー
準優勝
フケイ
3位
スンゴイチョコボ
4位
ブランカピーク
5位T
ナスノカイチュー
5位T
チョコルティア
となりました。そして、その他の特別賞については、
主催者特別賞
フシミイナリタイシャ
最優秀牡羽
スンゴイチョコボ
最優秀牝羽
ステラフェザー
二羽三脚賞(2羽の得点差が最も小さいブリーダーに贈られる賞)
スターさん(フケイスンゴイチョコボ)
しかし、今回はすべての参加者がこういったハンデのつけ方をした場合、いったいどうなるのか? という言わば試験的な取り組みでもありました。そういったレースに、快く協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。そして、回顧を見ていただいた全ての皆様に御礼申し上げ、今回の第1回ステラヴァーズのレース回顧を終了させていただきます。本当にありがとうございました!
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-24 22:48 | 研究室

ステラヴァーズ 第5レース回顧

ステラヴァーズ第5レースの回顧です。
第5レースは山岳1200mのスプリント戦でした。
f0264772_2274155.png

今回はフシミイナリタイシャが重い印が打たれてるのが印象的でしたね。
山岳は大好きなチョコボですからね……。(右・寒得意)
レース展開はフケイが先頭を取りますが、やはりフシミイナリタイシャがその後方に位置し、
抜群の走りを見せてました。そして、最終コーナーでステラフェザーを内から差していきました。
f0264772_2218846.png

こうなったら独壇場でしたね。結果は5羽身差の圧勝。まさに完璧といえるレースでしたね。
f0264772_22242672.png

2着争いは混戦ながらナスノカイチューが入り、
意地を見せれたかな……とは思いました。
次はいよいよ最終レースの回顧をしていきます。
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-23 22:30 | 研究室

ステラヴァーズ 第4レース回顧

ステラヴァーズ第4レース回顧です。
f0264772_22483598.png

印は結構バラバラでしたが、3000mの長距離が舞台なので、スタミナ豊富なフケイスンゴイチョコボ、さらにハンデが重くないレースなので、ブランカピークも可能性有だと感じましたね。先行するのはほぼ間違いないかな……と思いましたので。
f0264772_22583087.png

これは1周目の第3コーナー付近ですね。
予想通り、ブランカピークが逃げ、続いてステラフェザーフケイと先行羽勢が最初にカーブしましたが、
内にいたスンゴイチョコボチョコルティアがそれに割って入る形になりましたね。
ここは1周目の第4コーナーの直前で進路が狭くなって、スンゴイチョコボが後退。そのシーンがこちらです。
f0264772_2313562.png
f0264772_231475.png

ただ、このシーンの後、スンゴイチョコボは4コーナーに入り
元の位置に戻ってきた為、それほどの影響はありませんでした。
そこからかなり飛びますが、2周目の4コーナーの仕掛けは各羽軒並みスパートが早かったですね。
f0264772_23231790.png

ただ、やはりここはスパートした位置取りがモノを言いましたね。スンゴイチョコボがある意味、このレースは話題を独占した感じが自身としてはありました。
f0264772_23255599.png

後方からチョコルティアブランカピークの追い上げをかわして1着となりました。
第3・第4レースと、スターさんの羽が連勝となり、cubeさんの首位独走に待ったをかける形になりました。
第5レースは打って変わってスプリントレース。はたしてどんな結果となるんでしょうか。次回に続きます。
[PR]
by sato1989smtv | 2013-05-22 23:42 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー