サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

東西交流戦 ~3R予想(だったもの)・3R回顧~

東西交流戦も中盤戦に突入。ここまで西軍の勢いが東軍圧倒しています。
しかしながら、東軍も何とか盛り返しの動きは見せていますし
後半戦に向けて盛り返しをはかりたいところ。
果たしてどうなるか。今回は予想をあげる前に動画があがったため、
事前に書いていた予想を置いて回顧に入ります。
今回の回顧のテーマは「チームプレーのほんのわずかな、しかし決定的になった差」です。

アダムスピーク 内枠からなら2.3番手からの抜け出しは可能と本命視しました
シルフスピリア 1Rを見て3番なら自在性バツグンのこの羽が先頭を奪う自信がありましたので対抗に
バニッシュヴォルト 長距離が1番高いこともあり、大外枠ながら穴候補として3番手に抜擢しました
さて、それではレースを振り返ってまいりましょう。

f0264772_1355636.png

ホープナイトメアが出遅れ。そして、先行争いは自在に優れるシルフスピリア、長距離に優れるバニッシュヴォルトがアタマひとつでました。ジュエルクリエイトニジョウジョウは後方から。
そして、シルフスピリアに前に行かれた内枠2羽は窮屈な展開、結局最内にいたクアッドターボが外に押し出される格好となりました。ザミクラウスはやや開いた内側にスッポリはまりました。
f0264772_13591766.png

2周目の3コーナーでしかけたホープナイトメアがいきました。確かにこの位置では厳しかったかもしれません。
しかし、これがある意味、東軍・西軍の明暗をわける結果となりました。
先行のラインが崩れ、外に出ようとしたアダムスピークに押し出され、
厳しくなったのがザミクラウス。そのまま外に流れていきました。
f0264772_142638.png

その後フランカーが仕掛けて、そのタイミングでザミクラウスが入れればよかったんですが、
わずかにタイミングが合わずにその外へ。かわりにそこに入ったのがキイロノコノコでした。
それだけでなく、ポッカリと開いた内へ切り込むようにどんどんと入っていき、スパート。
f0264772_14303470.png

4コーナーから最後の直線の坂のあたりでは、黒丸しているのが東軍ですが、バテはじめたホープナイトメア
カバーするかのように残りの4羽が内にきりこんでいることが分かります。ここが勝敗の分かれ目でした。
キイロノコノコが位置取りのうまい使い方で結果的に勝利を飾りました。
3歳羽での勝利は忘らるる都杯のブラックホーク以来私がブログを始めて2例目
ということになります。結果的には東西それぞれが2羽ごとに1点を争う展開となりました。
それでは、各羽の短評をしていきましょう。
1着-キイロノコノコ 8番枠でこの結果は非常によかったでしょうね。東軍としても嬉しい誤算でしょう。
2着〇シルフスピリア 逃げをうったところは完璧でした。これで負けたら仕方ないでしょう。
3着◎アダムスピーク 切れ味はそこまで悪くありませんが、前も良い脚でしたからね。
4着-フランカー 最後は脚があがってしまいましたが、安定しています。なんとこれで総合首位浮上です。
5着▲バニッシュヴォルト 結局最後まで外を回らされて、外崩れの中よく踏ん張りました。
6着-ジュエルクリエイト 長距離不安はありましたが、この位置ならまずまずという感じでしょうか。
7着-クアッドターボ 早めのスパートで、坂を上がった最後は止まってしまいました。
8着-ニジョウジョウ 仕掛けが遅かったこともありますが、今回のレース展開では厳しいか。
9着-ザミクラウス 形的にはこの結果も仕方ないか。ただ、最初に間に入り込めたのはすばらしかった。
10着-ホープナイトメア 出遅れが全て。あれがなければ…というのはありますが、スパートで東軍を助けました。
東軍・西軍が拮抗した形となり、結局3Rは東が1P差で制しました。19P差と依然西軍大量リードですが、
後半戦どうなるのか、楽しみです。
[PR]
by sato1989smtv | 2015-01-10 16:33 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31