サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

チョコスタ交流戦 Chocobo Summer Dash レース回顧

どうやらジンジャーCが18.19レース公開されてるようなんですが、体調がいまひとつで、
記事が溜まってる状況ですので、交流戦「チョコボ・サマーダッシュ」の模様からお送りします。

今回は、新潟競馬場で今週日曜日に行われますGⅢレース「アイビスサマーダッシュ」を
模した短距離決戦となります。前半は密林で、後半は砂浜で行われました。

それでは、密林から。
f0264772_2020372.png

f0264772_2021579.png

スタートでアンティディーヴォが出遅れ。
スタート後は、外から前に果敢に出て行くぴくたさんのレッドメイズイと、我がナスノカマタマとの先手争い。結局、前に出ていたレッドメイズイが競り勝ったものの、最内にあと半羽身ぐらいのところで仕掛け。その時後方で、
f0264772_20265112.png

この3羽(右・ヒラノジンジャ 真ん中・テオナ 左・エリアルテーゼ)の位置に注目。
f0264772_20292221.png

一体どうなったのか言葉では理解不能です。テオナが前に出ていた、というなら押しのけは理解できますが、明らかに後ろから押してエリアルテーゼが下がってるんですよね。競馬だったら審議ものですよね。これ。
その際に、出遅れも、前に出ていたアンティディーヴォに押し出される形で外にいったベリドットテイルが空いた真ん中を突っ切る形で外から急襲。最内のナスノカマタマと共に先頭のレッドメイズイを追います。
f0264772_20363198.png

徐々に差を詰められ、絶体絶命のレッドメイズイ。しかし、メイズイ(昭和時代の名逃げ馬の名前)の名のごとく、素晴らしい粘り腰。ここから抜かせません。このまま行った行ったの決着かと思いきや、後続もジリジリ接近。
f0264772_20402658.png

ゴール前で真ん中から突き抜けたテオナが1着確保。その後大外のディフィニションが2着入線。
逃げたレッドメイズイは3着。しかし8羽全てがゴール前で映像に入る接戦でした。

続いて、2R。
f0264772_2047798.png

f0264772_20504189.png

自在は上であるエリアルテーゼが好発進から内が凹んだ為、そのまま内へ。しかし、先行が高い3羽がそれにかぶさるように前へ行きました。
f0264772_2111794.png

f0264772_2142064.png

仕掛ける寸前に、1羽分の間隔が空いたままになっていたので、結果的には内側の仕掛けに成功。しかし、外にいるエンプレシアの方が脚色が良く、そのまま突き放していきます。
残り200を切り、このまま一騎打ちかとも思いましたが、後続が一気に押し寄せる形に。
f0264772_21101052.png

1着に入ったのはまたもスターさんのレアルカディア。今回の交流戦2戦2勝となりました。
しかし、2着争い…何回見てもペリドットテイルが前に出てた感じがしないんですよね。出てたとするならば、本当に土壇場での逆転だったんでしょうね。(ジンジャーCでもそうでしたが、アタマも出てたかな…?)
え、ウチの羽ですが? 外でもがいてました…ハイ。 まあ、加型が外からの早仕掛けでは、なかなか勝利は難しいですね。一瞬外から抜かすなど見せ場は作ってくれました。よく頑張ってくれた。ありがとう、です。

結局、我が陣営は6位タイで終わりました。厳しい結果? もちろんそうかもしれません。
ただ、全体的に考えると、盛り上げも見せてくれましたし、「おおっ!?」という部分もありました。
2レースだけですけど内容も濃く、改めて良いレースだと感じました。
以上が、サマーダッシュの記事となります。
[PR]
by sato1989smtv | 2014-07-31 21:18 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31