サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

ジンジャーC 6レースまでを見て

f0264772_1329832.jpg

ここまでのジンジャーCの振り返り、ということで…とりあえず記事を打ちますが、
とにかく早いアップで細かく振り返ってはいくらあっても時間が足りませんので、
申し訳ありませんが、1レースずつ短く回顧していきます。
~1レース~
ダイホウオンジが出遅れ、
ヴァレリアハートが先頭を取る展開に。展開予想の時点で外れてしまってます(汗)
それでも、番手予想的には1.2番手が逆ぐらいで悪くなかったのですが、さすがに
ナイトメアオブレッドは脚が違いましたね。さすがに+5が加わり瞬190以上相当の豪脚。お見事でした。
~2レース~
シゲンさんの2羽目、カリビアンカーニバルが2羽目として加わった2レース。
このレースはアカシャアーツが勝利しました。かかりで逃げれたのが大きいですね。
そうでなければイリシエールが差しきってたでしょうし、
他羽の枠順など展開が味方した感じでした。ただ、ここで抜けれたのは大きいですね。
しかし「アカシャア」ーツ…名前の由来は分かりませんけど私的には赤いシャア、というのをイメージするのはなぜでしょう…決してその世代ではないのですが…。まあその話は置いといて。
~3レース~
ぴくたさんの2羽目、ソニックバスターが2羽目として加わりました。
ここではレビテトウイングが圧勝。というのも、内がポッカリと空いている状態から内を差されてしまうと早スパした先行羽にとってはつらいですね…。形的には非常に効率のよい勝ち方でしたね。それにしても、ドレインアオナギは得意でない右で3着・2着。ただここでは勝ちきらないと、ですからね…難しいところです。
~4レース~
スターさんの2羽目、アスラハート加えて再び左周りへ。
ここは勝ったのはイリシエール。瞬発が高く、比較的内を回れてスパートが決まったら確勝クラスでしたね。とはいえ、ここからが紫色さんとしてはどうやって勝ち抜くか、でしょうね。「低A3は問題ではない」という読みが、果たして当たるかどうか。
一方、期待の左だったドレインアオナギは外枠の為先手を奪えず初の着外、5着に敗戦。ただ、次は比較的内枠(4番)なので期待したいところ、という感じでしたね。
~5レース~
まさかのフィリピンからのアップに驚嘆しながらの動画視聴。紫色さんのアクスロウを加え、砂浜で連戦でした。
しかし今度は1000mとかなり最初の直線が短いです。先行したのは予想通りドレインアオナギ
ただ、早スパが誤算。あれがなければ勝ててた…かもしれません。2度目の2着。決して悪い走りではない。
けれども勝てない…そんな戦いが続いてしまっています。ちなみに勝ったのはカリビアンカーニバル
高加速ではあったものの若干離れた最後方で、スパートが決まらなかったことが逆に幸い。
これで3羽目。シゲンさんが一歩リードとなりました。
~6レース~
再びフィリピンからのアップ。本当ご苦労様です。シゲンさんの3羽目、ウォッカビターズを加え、密林1000m。
どの羽も出遅れず、すんなりとダイホウオンジが先手を握ります。
ドレインアオナギはまたも早めのスパート。5レースと違い、今度はやや外目だった分ロス。そのロスに泣き、
3度目の2着。甲羅杯だったら確実に点を取ってくれる形なのですが勝ち抜け戦では…歯がゆいですね。
勝ったのはザックさんのヴァレリアハート。苦戦はしたものの何とか勝利。次にバトンを渡しました。

6レースでシゲンさんが3羽目。スターさん、ぴくたさん、紫色さん、ザックさんが2羽目。他の方は1羽目。
シゲンさんは4羽目は625制限からA3・154(以下)が確定。他の4方は3羽目がまだ出てないため
はっきりとは分かりませんが、もし全ての方がA3・155であった場合、スターさんとぴくたさんは制限A3・160
紫色さんは制限A3・145となります。(無論3羽目は150~155なので、値によって余裕の幅が違いますが…)

7レースは先行しそうな羽が全て外枠。外枠が来なければ2番のアスラハート優勢と見ますが、差はほとんどありません。ヴォラカムアクスロウもウォッカビターズも当然勝機アリ。ここが結構な勝負どころかも。
[PR]
by sato1989smtv | 2014-07-07 01:00 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30