サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

甲羅杯3Rまでの残留争い その3(最後に泣き、笑うのは…?)

f0264772_14432593.png

それでは、まずは14位から紹介に行きたいのですが、ここでミスが発覚しました。
実は、よくよく調べた結果、突破基準が60に届かず、59点で通ることが判明しました。
これは、予選Aにおいて、このような条件になった場合、60点でなくても自力で突破できる、ということが分かったからです。一応例として挙げると、
1着レジストガード 59点
2着スパルナスピリット 61点
3着ドレインアオナギ 59点
4着エーデルリッター 58点
(もちろんこうなるとは限りませんが)…となり、59点でも突破となります。
つきましては、私のその1において書いた表から訂正し、表を改めて提出いたします。
f0264772_20414584.png

なお枠順については、訂正がありませんので、今回は掲載なし、とさせていただきますが、色を塗ったところが訂正範囲です。これにより、自力で12位のサウスマウンドトップ、13位のレジストガードは自力決勝進出がある、ということになります。皆様にご迷惑をおかけしましたこと改めてお詫び申し上げます。では、各羽の紹介へ。

のべ3回に渡り行ってきた残留争いの行方もいよいよ最終回、ここでは14位~12位の
3羽について紹介していきます、が…まずは14位~12位を中心にした残留争いをご覧ください。
f0264772_20432114.png

最後はほとんどの羽が入っています。入ってないのは突破が確定している
1位のアクセルスプライト、2位のドランデューオの2羽のみになります。
というのも、14位~12位までってほとんどの羽に関連することが多くて…。
結局ほぼ全ての羽が当落に関係してしまってるんですよね。

14位はダイホウオンジ
(羽主・まろさん 得点28点 タイム2805ds)
1R6着、2R4着と良い調子できていましたが、3Rの密林で10着大敗。脱落圏に入ってしまいました。
最低必要条件は5着。6着では最高着順でサウスマウンドトップを上回れません。
5着なら、上回れますが、12位・13位がまず前提として9着以下でないといけないということで厳しいでしょう。
4着は、12位・13位が8着以下が前提として他の下位対象羽が最低でも掲示板内に入らなければ
突破は可能…ですけど、前者の条件がこれもキツめですね。
なら、3着ならどうか。ここが非常に選択肢が広がる分かれ目のような感じがします。まず予選Aは、
ドレインアオナギが10着(9着では最高着順差で負け)
スパルナスピリットが8着以下
レジストガードが5着以下
そして、自身が走る予選Bで、
スカイラブハリケーンが9着以下(8着だとタイム差で1.8秒差を詰める必要性あり)
サウスマウンドトップが6着以下(5着だとタイム差0.9秒差で0.9秒差を詰める必要性あり)
ホークが自らより先着しない
ラナンキュラスが1着ではない
以上7点で2点クリアすれば12位まで逆転で入れます。
2着になると、7位の羽にまで対象が広がります。
エーデルリッターが10着(9着ではタイム差4.3秒を詰める必要がありほぼ困難)
ドレインアオナギが8着以下(9着だと最高着差で負け)
スパルナスピリットが7着以下
レジストガードが4着以下
また、予選Bでは、
フィラネスファイトが10着で、かつタイム差2.5秒を逆転する
スカイラブハリケーンが7着以下
サウスマウンドトップが4着以下
ホークが1着にならない
以上8点のうち2点クリアが突破条件です。

1着になると、最低でも14位以上が確定し、6位にまで射程が入ります。
ハンマートゥフォールが8着以下
エーデルリッターが7着以下
ドレインアオナギが6着以下(5着だとタイム差3.3秒が重いか)
スパルナスピリットが5着以下
レジストガードが3着以下
また、予選Bでは、
フィラネスファイトが8着以下(7着ならタイム差2.5秒を逆転する必要あり)
スカイラブハリケーンが5着以下
サウスマウンドトップが3着以下
以上8点で2点クリアが突破条件です。

結局、掲示板にさえ入れれば逆転できる可能性があります。しかし、長距離が大問題。55+14(祭)+5(左周り)で74にまでなるものの、果たして影響はどうか。何とか踏ん張れるかが注目です。

後は注目されるのが、当落ライン上にいる2羽
13位のレジストガード
(羽主・スターさん 得点34点 タイム2772ds)
と、
12位のサウスマウンドトップ
(羽主・ザックさん 得点34点 タイム2796ds)
13位のレジストガードは通過範囲ギリギリにいる12位のサウスマウンドトップとは得点差なし。しかし、最高着差でわずかに落選ラインに入っています。
両羽が本当に残留を争う上の鍵になっているのは間違いありません。両羽とも、1着条件なら突破となります。
先着しても、お互いの得点が同点の為、かなり有利となるでしょう。
今回は下位羽が得点で両羽にかなわず、14位以下となり、お互いが同じ着順であれば、の前提で話を進めます。
2着・3着の場合最高着差で並ぶこととなり、タイム的には2秒4レジストガードが有利です。なかなか同じ着順で抜くのは難しいでしょう。
その場合は、どの形になれば突破できるのかは表をごらんいただければ、と思います。
4着の場合は最高着順が3着のサウスマウンドトップが上位となり、決勝に進出。レジストガードは、以下の条件が1つでも該当すれば突破できます。
ドレインアオナギが8着以下
スカイラブハリケーンが8着以下(7着では最高着差で負け)
スパルナスピリットが8着以下か7着でタイム差0.3秒を逆転する
いずれか3点が条件です。
5着になると、レジストガード
ドレインアオナギが9着以下
スカイラブハリケーンが9着以下(8着では最高着差で負け)
スパルナスピリットが9着以下か8着でタイム差0.3秒を逆転する
6着になると、レジストガードはかなり厳しくなります。
スパルナスピリットが10着でタイム差0.3秒を逆転
この1点が突破の条件なります。
今回は両羽が同じ着順であれば、というのを例にしましたが、もちろん先着すれば、他の下位羽が健闘すれば諸々ありますが、お互いが残留をかけて戦うラスト1レース。
全力で応援していきたいですね。
[PR]
by sato1989smtv | 2014-05-12 21:20 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31