サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

第2回 Chocobo meeting 2R回顧

予想以上の速さで上がっておりました。改めて投稿お疲れ様です!
動画を見たい方は、1R同様 こちら→
か、ぴくたさんのサイトからごらんください。
それでは、2Rの回顧を。
まずはイクシオンCTの予選Aを。
f0264772_2324896.png

スタートはレボリューションが出遅れ、
走り始めてすぐコーナーですのであっさりカカオパールが奪取。
f0264772_2327586.png

その後すぐに後続が追いつき、内ではじかれたレボリューションが今度はフランカーと衝突し、今度はフランカーが外に展開。レボリューションスイギンダガーがかかりをみせたものの、展開はそれほど変わらず、勝負どころへ。
スパートはフランカーが最初。その後、カカオパール、スパイシィーカレーと続き、直線へ。
f0264772_2241193.png

結局、そのままカカオパールが押し切りV。瞬発179ですからねぇ…左得意といえども、さすがの力ですね。

1着 カカオパール レボリューションスイギンダガーにヒヤッとさせられながら見事に押し切りました。
2着 スパイシィーカレー 勝てず、も2着確保。カカオパールの後ろにピタっとついたのが上手かったですね。
3着 レボリューション 出遅れで位置取りを悪くしたものの、かかりでポジション回復。何とか踏みとどまりました。
4着 コルサイア 終始外を回る形で厳しい状況。それでも4着なのは力がある証拠ですね。突破へ大きく前進。
5着 フランカー 仕掛けが内ならよかったが…押し出せれたのが痛かった。あれがなければ3着まであったか。
6着 スイギンダガー あの状況で直線手前の仕掛けではこの着順は仕方ないところ。次は巻き返せるか。
7着 ジョウジャッコウジ 道中不利で1コーナーで大外へ。今回は仕方ない。次内枠から有利な位置取れるか。

一方の予選B
f0264772_22324176.png

全羽がほぼ揃ったスタートを決め、内枠の2羽が先行。3枠のナスノデキャンタと5枠のボウユウトウカイドウが4コーナーで接触、後ろのナスノデキャンタが外へスライド。その後は態勢はほぼ動かず勝負どころに入りました。
f0264772_22404722.png

スパートはナスノデキャンタが一番よかったものの、大外で失速。変わってローズファイアがくるもさすがに早すぎるスパートで失速気味。そこへ内にいたカサブランカスがズバッと差しきって勝利しました。

1着 カサブランカス 予選Aと同じく内から押し切り。次走は大外も直線長めでどうか。
2着 アークフェイス やや外に流れるもやや遅いスパートでロスあまりなく。2回連続の掲示板確保。
3着 ロギズアクセル もう少し直線がほしかったものの3着に食い込む。ミスもなく、充分ないいレースをしたか?
4着 ローズファイア 追走して一気に決めたかったが最後まで脚が保たず。ただ悲観するような内容ではない。
5着 ボウユウトウカイドウ やや長距離になったためスパートがなかなか入らず。最後は流れ込んだ感じに。
6着 ナスノデキャンタ 1周4コーナーで内に入れなかった所で勝負あり。さすがにあの位置は末脚も活かせず。

一方のヴァルファーレS。予選Aから。
f0264772_22575243.png

スタートはここも揃って、1枠のキンイロモザイクが先手を奪取。そのまま行くかと思いきや…
f0264772_2302628.png

ナスノカウボーイが2走連発のかかり。先頭奪うか、と思ったんですが、止まってしまい、かかりの影響ディフュージョンが外に流れました。で、1コーナーで後ろからナスノカウボーイの後ろに入り込んだホープタウンとカカオフレイクが接触しカカオフレイクが外へ。色々あった状況の中仕掛けが始まりました。
f0264772_2363697.png

仕掛けはカカオフレイクが一番早く、内にいたキンイロモザイクナスノカウボーイもじりじりと接近。キンイロモザイクが先頭をとった時に後続が怒涛のごとく迫り、中でも真ん中で一気に突っ込んだホープタウンが先頭でゴール。

1着 ホープタウン 展開に恵まれた形ですが、こういった形で勝利を掴むのも実力のうち。差し脚も見事でした。
2着 ゴールデンビショップ キンイロモザイクに隠れ目立たずも、最後その金羽対決差しきる力が際立ちました。
3着 ディフュージョン かかりの不利はあったものの、最後は何とか外から3着へ。力は充分の見せた。
4着 キンイロモザイク 内枠で有利に持っていくも仕掛けが早かった。それでも内枠の有利を活かせたか。
5着 カカオフレイク さすがにスパートが早く持ちこたえられず。接触での流れも痛かったか。
6着 ナスノカウボーイ 決して悪くなかったが、最後はジリ脚が目立った。かかりで見せ場は作るも…。
7着 マントラップ 瞬発が上の方ではない為、後方からでは厳しい。次走は最内枠なので逃げ期待。

続いて予選B
f0264772_23232412.png

今回はフェアリーバーディーが出遅れ。先行争いはシルフェージュが奪うも、そこから展開は激しく動き、
f0264772_23272329.png

カタハネノヨウセイがかかり。その後ろでさらに、フェアリーバーディーがかかるも、あまり目立った動きにはならずに勝負どころに入りました。
f0264772_23313075.png

ソウルザジパングが早く仕掛けるが、後ろから黒い羽が急接近。フェアリーバーディーです。
一気にとらえ、その後は後続も見えずにゴール。2着争いは黄色羽2羽が並んでほぼゴールしました。

1着 フェアリーバーディー 9羽身差のぶっちぎりでした。暴走でいう事なしの快勝で2連勝です。
2着 カタハネノヨウセイ 一瞬内が有利かな、と思ったんですが、わずかにクチバシを伸ばして2着でした。
3着 シルフェージュ 内枠でじっと構えて走る…まさにインの定石の戦い方だったな、と。無事巻き返し成功。
4着 ソウルザジパング さすがに脚が保たず最後はかわされましたが、こちらも内枠は何とか生かした格好。
5着 ヘイアンジングウ スパート後内にもぐりこめたのはよかったが、そこから仕掛けられず。もったいなかった。
6着 ティタノマキア 終始外々ではさすがに厳しかった。得意な密林だったから生かしたかったが…。

以上2Rの回顧でした。ここからは総合成績なんですが、今回から通過基準を設けています。
これは、cubeさんの案をそのまま採用してるんですが、獲得できる点数は全部で480点
(12+11+10+9+8+7)×2+6=120←1レースの点数 120×4レース=480点
…ですので、これを13羽で割ると36.9…と出てきます。
つまり、37点以上取れば少なくともどんな結果であれ、通過できる、という形で基準を作っています。
もちろん、かなり得点をとる羽が増えるほど、通過ラインも低くなりますが…。
それでは、まずはイクシオンCTから。
f0264772_2356396.png

すでにアークフェイスは基準の37点にあと14点。つまり残り2走最下位でもその基準に届くので突破確定です。8位の羽までが次走にも突破を決める可能性があります。一方、最下位のナスノデキャンタはタイム的にも離され、同点では苦しい状況となりました。
一方のヴァルファーレS。
f0264772_2359880.png

こちらもスターさんのフェアリーバーディーが早くも突破確定となりました。18Pの中で8位のシルフェージュのみ表示が出ていますが、唯一Bの為、最低得点が1点高い為、自力での突破の可能性が出ています。一方、下位ではキンイロモザイクが最下位ですが、タイム的には有利な形なのでまだまだ分かりません。

果たして運命の3R、どうなるのか…次回に乞うご期待!
[PR]
by sato1989smtv | 2014-04-08 00:00 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30