サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

第2回Chocobo Meeting イクシオンCT 各羽紹介

羽紹介の動画がアップされております。 見たい方は こちら→

あと、ぴくたさんのサイトを追加登録しました。ニコニコ動画のアカウントを持ってない方は、
ぴくたさんのサイトから動画を見ることも可能ですので、そちらを利用していただければ…と思います。
改めて、ぴくたさん動画編集お疲れ様です。これから主催大変でしょうけども頑張ってくださいね。

先ほどの記事にもあります通り、各羽の紹介をさせていただきたいと思います。まずはイクシオンCTの方から。
とりあえず13羽いますので、グループAの内から順に紹介していきます。
まずはジョウジャッコウジ
f0264772_624840.png

かなりの瞬型ですね。Gを考慮すると瞬184クラスの脚を使えそうです。
ちょっと長距離がない分不安はありますが、少頭数の予選であればこの羽は一発ありそうですね。

続いてレボリューション
f0264772_20275358.png

バランス型の羽ですね。特筆すべき長所というものはありませんが、少数でやる戦いでは安定した
戦いが期待できるでしょうね。得意周りがない事は痛いかもしれませんが、
初参加の方らしいですから、善戦してほしい羽ですね。

3番目はスパイシィーカレー
f0264772_6253089.png

どちらかと言うと瞬加型の羽ですね。加速は13羽中2番目に高く(Gを加味すると3番目)、ロングスパートが期待できます。左周り得意なので、予選1レースは神殿ですし、出来れば上位成績で行きたいところでしょうね。

4番目がスイギンダガー
f0264772_6351963.png

先瞬型の羽で、先行は全羽中3位。加速が低いので、逃げて有利な位置について、もう一度差し返す、というスタイルになりそうですね。その効果をさらに増幅させる底力がないのは惜しいですが、サブがほぼ完璧ならそれは贅沢な望み、なんでしょうね。虹色額羽は個人的に好きなので頑張って欲しいです。

5番目はカカオパール。
f0264772_6451241.png

瞬を高めにしている形で、長距離能力は申し分ありません。この羽もスパイシィーカレー同様左得意、かつダートは△ですので、神殿・遺跡での予選開催は歓迎すべきなんでしょうね。堅調な成績を残しているあおのこのこさんですが、果たして初の総合優勝に手が届くか。

6番目はフランカー
f0264772_7521349.png


第2回スターCに出走していた時と比べ格段に長距離が増えました。実績は安定してますので、ここでも上位成績を取れるのではないか、と。得意周りはありませんけど、優勝候補の一角でしょうね。

大外はコルサイア。
f0264772_8584777.png

13羽中唯一の自在140台。自在140台で先行150というと、私はナスノサマンサを思い出します。
あの羽は先行が140でしたけどね。それに瞬発と加速を大きく加えた羽…なるほど。強い、でしょうね…。
まあ、この羽にあえて欠点を挙げるなら、先行が比較的高い羽が多いので外に回される可能性があることでしょうか…。予選は少数ですからそこまでの影響は無視できるかもしれませんが、決勝だと12羽ですからね…。

7羽共それぞれ思い思いの羽が揃いました。果たして予選A、どんな戦いを見せるのか…注目です。

続いてグループBの6羽。
まずは最内のナスノデキャンタ
f0264772_8474584.png

A3は139で先瞬共に全羽中最下位。Gは軽減一杯の-6ですが不利は否めません。
ただ、その分加速は1位と極端です。G補正分が追加される事を考えるとスパートがかなり早くなります。
スパートの有利さで直線入り口付近までは先頭で行けるかもしれませんが、スパート時のタイミング、直線から追い込んでくる後続に対応できるのか…この辺りで明暗が分かれそうですね。

2番は大会連覇を狙うスターさんのアークフェイス
f0264772_914567.png

瞬発189は1位。サブもほぼ揃ってます。さすがに抜け目がないですね。
短所はなかなか見当たらない…とは思いますが、あえて言うなら先ほどのグループAのコルサイアと同じく先行がそこまで低くはない、ということですね。
先ほども言ったとおり予選は少羽数ですからそこまでのマイナスにはならないかもしれませんが、
決勝でもマイル以下(1600m以下)がありませんので、団子になると外に回される恐れがあります。
まあそれを吹き飛ばすぐらいの能力をもってそうですが…。

3番はローズファイア
f0264772_9425016.png

牝羽は13羽中2羽の参戦。その内の1羽です。タイプ的には先瞬型ですね。底力が非常に高いので、やはり前に前に行きたいでしょうね。ここでは後で出ますが、外枠で先行有力羽が揃ってますのでかなり激しい先行争いになりそうです。1レースは内枠の有利を活かして何とか先頭をもぎとりたいところですが…どうなるでしょうか。

4番はボウユウトウカイドウ
f0264772_9482928.png

先ほどの牝羽2羽の内のもう1羽です。こちらもタイプ的に似ています。違いは、「長距離・底力」は劣るものの、「自在」で勝り、かつ「左右得意」があること、ですね。1レースは神殿2000m、つまりスタートして200mほどで第2コーナーに入ります。そこまでにどちらが内に入れるか…? というのは第1レースのポイントになるかもしれません。牝羽の熱い戦いがいきなり1レースから見れそうですね。長距離に難があるので出来れば先頭に…でしょうね。

5番はロギズアクセル
f0264772_959215.png

内の2羽の牝羽の熱い先行争い。それを上回る圧倒的な先行力183を持つ羽。それがこの羽です。
多分普通に行けば先行してしまうでしょうね…この羽が。ただ、6羽という少数なので、予選ではこの羽の力を十二分に発揮することは難しいでしょうね。決勝で走りを見てみたい1羽ではあります。

最後に大外からのスタートとなります、カサブランカス
f0264772_7595947.png


先自がかなり高く、そう簡単に他のチョコボを逃がさない能力が備わってます。ただ加速は全羽の中で最も低い値なので、スパートした時に前がどの位置にいるか、これがポイントでしょうね。

グループBは6羽の内4羽が先行160以上。やや置かれて圧倒的瞬発のアークフェイス、さらに後ろに圧倒的加速のナスノデキャンタという隊形になりそうです。この隊形がどうなっていくのか、注目が集まります。

以上13羽。果たしてどうなるのか、大会がいよいよ始まります。次はヴァルファーレSの羽紹介です。
[PR]
by sato1989smtv | 2014-04-02 11:00 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30