サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

ナスノキングダム激闘史 最終話 後編

ナスノキングダムの後編がはじまります。ちなみに前編をまだみていないという方は、こちら→
f0264772_2038414.png

ご覧いただいている通り、3レース終了時点では1位インペリアルトパーズから6位キングダムまでの差は、5ポイント。つまり、まだ逆転圏内にいるという事でした。残り2レースの状況によっては……奇跡も……? と。
4レース目は王宮3000。長距離2連発。しかし、ハンデも軽いですし、まだ何とかしてくれそうな感じでしたね。
スタートはよかったんですが、すぐコーナーに入ってしまった為、内のアリーデヴェルチをかわしきってない状態でカーブに入った為、キングダムがカーブで外へ流れた分、内側がかなり空いてしまったので、そのアリーデヴェルチに内へ入られた感じがありました。これがこのレースで悔やまれる事ですかね。かわしきれれば、スノーフェアリーの後ろに付いて、予選での密林戦の再現(逆バージョン)みたいな感じになったと思うんですが……。
結果的には4着でした。しかし、スノーフェアリーも今回逃げて良い競羽をしたと思うんですが、やはり特筆すべきは2着のインペリアルトパーズ。後方からあれだけ追い込んでくるとは……さすがと言うべきですね。
4レースを終えて、キングダムは再び3位に浮上。しかし、1位インペリアルトパーズ、2位スノーフェアリーとの差は6ポイント以上と、次の最終レースでは大量得点が絶対に必要となっていた形でした。
ですが、4着だった為、やや外の9番からのスタート。勝負は無理かと考えていたんですが……。
最終レースは遺跡2000。遺跡と言えば、決勝Eグループのラストも遺跡でした。何かの縁でしょうか。
そんな感じを覚えながらスタートしたんですが、
f0264772_2102720.png

最後の最後に出遅れ。ただ、キングダムはあおりも持っていました。ひょっとしたら……という期待もあったんですが、その期待は叶いませんでした。ただの出遅れでしたね。最後の最後は目立つところなく7着。総合も6位に後退し、本大会を終えました。
しかし、決勝で7着3回って……ある意味フィーバーでしたw
さて……これでナスノ勢の全レースが終わりましたね。結果的には満足すべきものではないのかもしれません。ただ、初参加だったこともあり、まだまだチョコボスタリオンは奥深いものなのだと、改めて知ることとなりました。もちろん、これ以後もフレッシュオールスターGP3の進行は続いていったのですが、今回の激闘史は以上をもって終了となりました。拝見していただいた皆様に感謝申し上げるとともに、これからもさらなるチョコボスタリオンの発展向上に全力を尽くす事をお誓い致しまして、締めくくりとさせていただきます。
[PR]
by sato1989smtv | 2013-04-08 21:21 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30