サンシャイングループ 広報部 チョコボ課

smtv.exblog.jp ブログトップ

ナスノカイチュー激闘史 最終話 後編

ナスノカイチューの決勝ラウンドでの激闘後編です。
まだ前編を見ていないという方が居ればこちら→
f0264772_1855042.png

現時点で首位とは8点、2位とは7点差がついているため、次のレースで差が開けばグループ優勝どころか繰り上がりが絶望になる第4レースは砂浜2400。勝てば一気に縮まるチャンスとなった。

結果は2着。踏みとどまるためによく頑張ってくれたという反面、このレース9着と大敗したドンヴァレンティーノには追いついたものの、他の有力チョコボ(上位にいたファンエイクグリーンベガ)が大敗していない事が気がかりでした。2位ベガとは5ポイント差。つまり1着を取っても、2位のベガが6着以下でなければならないという他力本願な厳しい条件でした。優勝とか気にせず持ち得る力を振り絞ってもらうしかありませんでした。

最終競走は遺跡の2800。左回りで締めくくりというのはよかったです。どちらかというと左回りが出なかったから……とかそういう言い訳はしたくなかったですから。
スタートはまずまず、ただ9番枠だっただけに先行力はあまり高くなかったので、インは取れなかったのは大きかったような感じでしたね。まあ、入賞が絶対条件でしたので、こういう形になってもしょうがないとは思いましたが。
そして、最終コーナー手前、
f0264772_1951484.png

この瞬間、私の命運は決まってました。この大一番での早スパです。
1位でこのチョコボを超えるためには先着が絶対条件なファンエイクグリーンが内側で走っており、かつ同ポイントのドンヴァレンティーノがカイチューより内側でまだ仕掛けていない状態では勝てる見込みはない、と同等でした。
結果は、上位争いをしていたチョコボが先着し、カイチューは5着。首位争いの2羽と7ポイント離れての4位。厳しい結末でしたね。挑戦者という立場である事を考慮してもきつかったですね。
でも、その後の優勝決定戦は素晴らしいデッドヒートであり、間違いなく皆さんも大会中での良いレースに入ってきたのではないでしょうか。私はそう感じてます。

カイチュー自身の結果は総合44位です。前編の最初に掲示した画の通りですね。
ただ、カイチューは色々と困難な形になりながらも立ち向かっていったと感じました。前が塞がり外に飛んだ時も、どんな不利な状態でも前に出ようと必死に仕掛けてました。そのチャレンジ精神には、ブリーダーである私は拍手を送りたいと思います。
何はともあれ、お疲れ様、カイチュー
[PR]
by sato1989smtv | 2013-04-05 19:44 | 研究室

チョコスタの広報活動を主にしています。


by sato1989smtv
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30